コースガイド

10 H Par 4 Hdcp 8
10 H
Par 4
Hdcp 8
Champion 441
Back 404
Regular 382
Ladies 331

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

緩やかな上りのミドルホール。右バンカーの右側はトラブルになる谷があるので、フェアウェイの左サイド狙い。

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで150ヤード
セカンドショットのポイント

グリーンの左右が狭くOBになっているので正確なショットが要求される。また緩やかではあるが上りのためショートしやすいので、少し大きめに打ちたい。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

グリーンはアンジュレーションが少ないのでそう難しくはないが、グリーンの左奥側は下っていくので、ピンポジションが左奥の場合は手前からのアプローチやパターが緩やかに上って最後に下りが入るので、非常に距離感が難しくなる。

Hole 9 へ
こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
11 H Par 4 Hdcp 2
11 H
Par 4
Hdcp 2
Champion 457
Back 432
Regular 395
Ladies 372

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

左バンカーを越えるとOBになるため飛距離の出る人は左は厳禁。狙いとして飛ぶ人は右バンカー越え、飛ばない人は右バンカーを避けて中央かやや左狙い。

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで250ヤード
セカンドショットのポイント

セカンドショットは、距離が残りやすい上、左足下がりのライになるので、高い技術を要求される。グリーンは、左奥と右中央にマウンドがあり、奥に外すと下りの難しいアプローチが残るので、ピンポジションが奥でもあまり突っ込み過ぎないようにしたい。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

パッティングに関しては、マウンドが関係するとよく曲がるし、手前と奥の高低差も結構あるので、よく傾斜をよんで欲しい。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
12 H Par 3 Hdcp 14
12 H
Par 3
Hdcp 14
Champion 193
Back 177
Regular 168
Ladies 119

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

グリーンの形状は、砲台で手前側が狭くなっている。したがってグリーンオーバーしても下りの難しいアプローチが残るし、ピンポジションが手前の場合も左右のバンカーに入るリスクが増すので、どのピンポジションでも中央の距離感で打ちたい。また左はバンカーの左がすぐOBなので少し右目から狙うのが良い。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
13 H Par 4 Hdcp 18
13 H
Par 4
Hdcp 18
Champion 382
Back 339
Regular 309
Ladies 289

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

距離は短いが、落とし穴があるので要注意。左側はOB、右にはバンカーがあり、その右は林でトラブルになりやすい。また正面のバンカーがよくきいており飛距離の出る人は、入る可能性があるので注意。またフェアウェイの手前が谷になっており結構プレッシャーのかかるホールである。

アプローチ

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
14 H Par 4 Hdcp 10
14 H
Par 4
Hdcp 10
Champion 426
Back 385
Regular 352
Ladies 340

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで150ヤード
セカンドショットのポイント

セカンドは、左足下がりのライになりやすいので、ボールが上がりにくくグリーンにキャリーしたボールはランが多くなるので少し手前目から攻めたい。右の谷に落としたら無理をせずショートアイアンでフェアウェイ側に脱出するのが懸命。無理すると木に当たり1回で出なかったりグリーン左手前のOBに突っ込んでしまう恐れもある。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
15 H Par 5 Hdcp 6
15 H
Par 5
Hdcp 6
Champion 535
Back 500
Regular 483
Ladies 466

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは左側がグリーンまでずっとOBになっているので、フェアウェイ右目が狙い目。また左バンカーを越えると前方に谷が入り込んでいてOBになりやすいので飛ばし屋は特に左に注意が必要。右はセーフだがバンカーに入るとアゴが高いし右の林につかまるとトラブルになりやすい。ティーショットの正確性が大切なホール。

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで248ヤード
セカンドショットのポイント

セカンドは左のOBに注意してフェアウェイの右目狙い。ただグリーンの右手前にバンカーが2つ並んでいるが、その手前のバンカーに入れないようにしたい。残りが50~70ヤードの非常に難しいショットになる。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

グリーンは中央少し手前からの2段になっていてグリーンの奥は高くなっている。下りのパッティングは、非常に速いので 要注意。またグリーンをオーバーすると下りの難しいアプローチが残るので出来るだけピンの手前から攻めたい。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
16 H Par 3 Hdcp 16
16 H
Par 3
Hdcp 16
Champion 221
Back 186
Regular 159
Ladies 146

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

池越えの美しいショートホール。右手前に池、グリーンは4つのバンカーに囲まれている。打ち下ろしなので風の影響を受けやすく、クラブの番手に気を付けること。左横のバンカーに入ると下りの難しいショットになるのでピンポジションが左の場合は、出来れば中央か右目に乗せたい。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

グリーンの左手前目にマウンドがあり、右奥が高くなっている。グリーンをはずす場合は右手前がよい。少し花道もありそ こからのアプローチは、ほとんどが上りになるので寄せやすい。左のマウンドにかかるラインはよく切れるので難しい。それ 以外はあまり強い傾斜はないが、微妙なアンジュレーションはあるので慎重にラインを読むこと。春はツツジ、秋は紅葉が美しいホールである。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
17 H Par 4 Hdcp 4
17 H
Par 4
Hdcp 4
Champion 439
Back 413
Regular 397
Ladies 357

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

左がOB、右が池とプレッシャーのかかる長いミドルホール。ティーショットは風向きをよく読んで力まずしっかり振り切る事が大切。左がOBなのでやや右目から攻めるのが安全。特に刻む場合、左はすぐOBなので要注意。

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで150ヤード
セカンドショットのポイント

左がOBなのでやや右目から攻めるのが安全。セカンドからは、やや上りなので少し大きめが良い。また左バンカーはアゴが高いので入れないようにしたい。春は桜のホールとして知られている。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

グリーンは中央から手前が下りで速く、左奥に小さな段がある。左奥の段が絡むラインは非常に難しくなるので注意。それ以外は奥からあまり傾斜があるように見えないが結構速い。

こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について
18 H Par 5 Hdcp 12
18 H
Par 5
Hdcp 12
Champion 525
Back 510
Regular 481
Ladies 444

ティーショット

地点(レギュラーティ)からの距離
ティーショットのポイント

最終ホールは過去のトーナメントで数々のドラマが生まれている美しい池越えのロングホールである。ティーショットは、左右にクロスバンカーがあり、またフェアウェイが狭いため正確なショットが求められる。バンカーを越えフェアウェイをキープできれば2オンも夢でなく、挑戦欲をかきたてられるホールである。右はOBなので狙いは左バンカーの少し右狙い。うまくフェアウェイに打てれば、ランも出やすい。

セカンドショット

地点からの距離
グリーンエッジまで222ヤード
セカンドショットのポイント

左右のバンカー前まで飛べば、残り200-220ヤード程なので池越えで直接グリーンを狙える。ただ少しでもショートすれば、池に転がり込んでしまうので少し大きめに打ちたい。刻む場合は、フェアウェイの傾斜が右の池に向かっているので左めを狙うこと。

サードショット

地点からの距離
グリーンエッジまで100ヤード
サードショットのポイント

3打目はショートアイアンで打てる距離であっても、前下がりで左足下がりのライになりやすいので、トップやプッシュアウトに注意してピンの少し左から攻めたい。

アプローチ

アプローチ・グリーンのポイント

グリーンは真ん中が高く、左右が低い3段グリーン。出来るだけ同じ段からのパッティングをしたいが、最悪は、真ん中の段をまたぐパッティングである。一度上って真ん中の段を通過し、また下っていくのだが距離感が非常に難しくなる。また、下の段からのパターは結構上り傾斜が強いのでしっかり打たないとショートしやすい。夏はサルスベリが綺麗に咲く。

Hole 1 へ
こちらは、「アベレージゴルファー目線からのコース攻略」です。 コースマップの見方と表示について