2013

優勝:池田勇太
最終ラウンドを行い、首位と1打差の2位で出発した池田勇太が6バーディー、2ボギーの67で回り、首位スタートのS・K・ホ(韓国)と並ぶ通算15アンダーの269でホールアウト、プレーオフを制して今季初勝利となる通算11勝目を飾った。
「こんなにしびれた試合ってなかったですね。 大嫌いなんですよこのコース。でも大好きになれました。」と語った。