激闘・プレーオフ・イーグルで決着!

2018
快晴の最終日、通算15アンダー、273ストロークで並んだ木下裕太プロと川村昌弘プロがプレーオフに突入、1ホール目で先に川村がバーディーとするも、木下が見事イーグルを決め、11年目の木下裕太プロがツアー初優勝を飾りました。
試合後のインタビューで木下プロは、涙を浮かべながら「無我夢中で入ったということしか。最後はスローモーション。夢の中にいるようでした。」とコメントしました。
トーナメントの記憶

プレーヤーひとりひとりの物語を彩る舞台

時には戦略的に、時にはより美しく。過去のトーナメントで数々のドラマが生まれた丘陵コース
コースガイド