2017年、新しいチャンピオンが生まれた日

2017
10回目の記念大会となった今大会は最終日、台風22号の接近による大雨のため一時中断後、中止になった。
よって大会3日目までの時点で通算13アンダーの単独首位に立っていた小鯛竜也プロが念願のツアー初優勝に輝いた。
小鯛プロは「4日間やれなかったのは残念。それでも地元関西の大会で、家族に直接これまでの礼を言うことが出来た。」と語った。
トーナメントの記憶

プレーヤーひとりひとりの物語を彩る舞台

時には戦略的に、時にはより美しく。過去のトーナメントで数々のドラマが生まれた丘陵コース
コースガイド